ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【×年前の今日】DIE IN CRIES - Eros(メジャー3rd ALBUM)

 

DIE IN CRIES - EROS

1993/07/07リリース

メジャー3rd ALBUM

 


 

25年前の今日リリース。

 

このブログでいつかDIE IN CRIES(以下、DIC)について熱く語りたいと思いながらも、なかなかその機会に恵まれず、以前メジャー1stの「VISAGE」について触れただけだった。

 

※関連過去ログ: DIE IN CRIES - VISAGE

 

あのアルバムから、メジャー2nd「NODE」を挟んでのこのアルバムになるわけだけど、1st「VISAGE」のようなディープ&ダークネス、NODEでのダークネス&ドライブとも言えるビート感ときて、今作EROSではPOPさが新たに加わった。

 

M1「NOCTURNE」や、つづくM2「Through the looking glass」といったライブ映えのするDIC流のビートロック、M3「lust-proud」や、M4「リザード」といったVISAGEにもあった、どこか宗教的というか異国情緒が漂う艶めかしさはもちろん健在。

 

だがM6「I wish you'll be happy」で、遂に祝福弾き語り系バラードに手を出し始めたりと、このアルバムからDICの音楽性が目に見えて変わり始める。

 

そしてそれ以降に続く曲も、ミディアムテンポの曲が続いたりして、正直M3の「to you」から中だるみが始まる。

 

M8「…To LOVE,Too DESIRE」で多少盛り返すものの、このアルバムは全体的にミディアムテンポの曲中心で、しかもロック色が極めて薄く、ともすればAORにさえなりかねない曲で占められており、正直好きじゃないアルバム。前作の「NODE」がなかったら、ツアーとかきっと大変だったと思う。

 

とは言え、M2「Through the looking glass」は、DICにとっての「2代目MELODIES」といったストレートなDIC流ビートロックなので、この曲は死ぬほど聞きまくった。

 

また、M1「NOCTURNE」は一度LIVEバージョンを聞いてしまうと、このスタジオ録音されたバージョンが遅すぎに感じてしまい、聞きたいと思わなくなる。

 

何にせよ、大好きなバンドのアルバムなので、それなりに思い入れは強い。

DIE IN CRIES Through the Looking Glass

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする