ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【×年前の今日】黒夢 - BEAMS(5th SINGLE)

黒夢 - BEAMS(5th SINGLE)

1995/10/13リリース

 

・maxell「PO'z」カセットテープ CMソング。CM自体にも出演していた。

 


 

23年前の今日リリース。

 

これ、23年も前だったか!てっきり98〜99年頃だと思ってた。この曲はPV込で初めて聞いたんだけど、結構衝撃的だったのを覚えている。何しろ、前作4th SINGLEが「Miss MOONLIGHT」という曲で、まあまあヴィジュアル色の強い楽曲だったところからの脱ビジュアル。

 

しかも、LUNA SEAのROSIERみたいな、ホスト感のあるとんがったビート系みたいな脱ヴィジュアルの仕方ではなくいきなりモッズスーツだわ、この頃は60年代後半くらいのサイケ感のあるファッションとかカラーリングが流行っていた時代だったから、その色合いも感じさせていたりだわ、清春は色黒になってるわで、一歩間違うと大事故になりかねないの変貌っぷりだった。

 

ただ、サビのメロは非常にキャッチーな上にCMのタイアップがついたこともあってか、世間的な受けはかなり良かったみたいだし、何よりぼくも結構気に入ってて、当時カラオケでよく歌ってた。

 

でもやはり以前にも書いたけど、黒夢のすごいところって、あれだけコテッコテにメイクしまくって世界観作りまくってたくせに、あっさりそれを捨てたところがすごい。

 

いや、捨てるのは多分誰でもできるんだと思う。要は、気に食わないとか必要ないと思って捨ててるんだろうから。

 

でも彼らがすごいのは、捨てた後に、こーゆー超POPな路線に何の躊躇いもなく衣替えして、しかもそれをちゃんと着こなしているところだと思う。決して無理をしていないというか。

 

多分、インディーズ時代からのファンは大いに戸惑ったと思うし、ライブハウス時代から追いかけていたであろう当時のバンギャさんなんかはこの辺りで上がっちゃった人も多いと思うけど、でも、これを「似合わない」とは思ってなかったんじゃないかな。

 

いずれにしてもこの辺りから黒夢が世間的に認知され始めてきて売れ始めたので、Bs.の人時さんも言ってたけど、「当時の清さんの、バンドを売り出すための戦略とかはすごかった」っていうのが、正に当たった格好となっている。

 

それにしても、ぼくは黒夢のことそこまで好きなわけじゃないのに、何気に結構このシリーズで触れてきてるなw

 

※関連過去ログ

 黒夢 - 迷える百合達〜Romance of Scarlet〜 - 2018.03.09 Friday

 黒夢 - CORKSCREW(メジャー6th ALBUM) - 2018.05.27 Sunday

 黒夢 - Spray(10th SINGLE) - 2018.06.05 Tuesday

 黒夢 - DRUG TREATMENT(メジャー5th ALBUM) - 2018.06.27 Wednesday

黒夢 Kuroyume - Beams PV [1080p 60fps]
 

※注:開始37秒くらい無音です。

 

黒夢 ✞ 親愛なるDEATHMASK (1993)
 

インディーズの頃の黒夢。上の楽曲と同じバンドとは到底思えないw 何かの間違いなんじゃないかと疑いたくなるが、でも恐ろしいことに、同じバンドなんです。

 

そしてこれを見ていただければおわかりいただけると思うが、このバンドが如何に多くのフォロワーを生み出し、日本のヴィジュアルロックシーンを塗り替えたかがおわかりいただけると思う。

 

黒夢の後の名古屋ヴィジュアル系ロックバンドは、皆、黒夢のマネをしていた。

 

特にその影響を色濃く受けていたのが、DIR EN GREYのVo. 京だ。彼はこの当時、黒夢のローディーをやっていたため、誰よりもその影響を色濃く受けており、一番の「清春チルドレン」といっていいと思う。

 

DIRの初期の頃なんて、もうまんま黒夢。特に「残-ZAN-」とか。

 

Dir en grey - Zan (PV)
 

エログロナンセンスな世界観、有って無いような歌詞、何を歌ってるかわからず時折しゃくりあげる病的なヴォーカル、異常に早い2ビートのドラムと、黒夢のありとあらゆるエッセンスを余すことなく詰め込んでいるのが、この曲だと思う。

 

これ、絶対「親愛なるDEATHMASK」を下敷きに作っているとしか思えないw

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする