ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

気に食わないなら構わずバックレりゃいい。

■職務を放棄して“バックレた”ことはありますか?■

2018-07-31 (火) 12:00 - TOKYO FM+

 

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。7月30日(月)の「社会人意識調査」のテーマは「職務を放棄してバックレたことはありますか?」。はたして、その結果は……?
(TOKYO FM「Skyrocket Company」2018年7月30日(月)放送より)

 

 

はい  37.3%
いいえ 62.7%
(回答数:416票)

 

※続きはリンク先で※
 

 


 

「仕事バックれ」とかしたことない人いるの?って思ってたけど、ない人が6割もいることに驚いた。

 

確かに、言うても流石にしょっちゅうバックレはしなかったけど、生きてりゃ幾度となくあるもんだと思うけどね、バックレなんて。バイトなんか、入って気に食わなけりゃすぐ辞めちまえばいいじゃん、とさえ思ってる。どうせバイトなんだから。

 

かく言うぼくも、数多いバイト経験で、何度か「バックれ退職」および「面接ブッチ」は経験している。

 

まあ、もちろんこれについては賛否あるだろうし、本人の資質の問題ももちろんあるが「バックされさせちゃうような職場環境」ってのも絶対あるからねえ。

 

経験上、仕切ってる人間が「バックレとかちょっとの体調不良くらいで休むやつなんて絶対認めない!」って言っちゃうような職場ほど、バックレ率高いと思うよまじで。そうやってガチガチに縛ってるから逃げられるんだよ。束縛する彼氏彼女みたいなもんでさ。いや、ちょっと違うか。

 

とは言え事実、ぼくが某光回線を提供する会社にいた時(この会社はテレアポのバイトから正社員になった会社なんだけど)ここがまた、まあどえらいブラックな会社だった。

 

何しろ、ぼくが在籍していた10ヶ月位の間に、外回りの営業の人が10人位辞めていってたからね。それも、いわゆる「飛ぶ(バックレ)」で辞める人が半分くらい。10ヶ月で10人。普通に月イチで一人やめている計算。なんぼなんでも離職率高すぎでしょう。

 

更にあとから聞いた話だと、ぼくが辞めた後に、営業事務の女性がストレスによる体調不良で辞め、もうひとりの営業事務の女性も、お昼休みに外出たままそのまま帰ってこなかったって聞いた。いまでも存続してるのかな、あの会社w

 

ぼくがその会社を辞めるときは、一応退職届も書いて事前に辞めることを伝えたが、何回飛ぼうと思ったかわからない。今思うと、たまたま「辞めます」って言えるタイミングがあったから言ったってだけだったようにも思う。

 

で、バックレ退職による是非についてだけど、バイトだろうと正社員だろうと、精神的に限界を迎えて辛くなったのなら「しっかり逃げるべき」だと自信を持って言いたい。いじめ問題と一緒だ。

 

精神的に疲弊しきっている状況で、真正面から向き合わなくたっていい。「逃げる」ということを「恥」と捉える人が多いようだけど、ぼくはそうは思わない。それを「恥」とか「甘え」と捉えてしまうことがブラック化の原因にもなっていて、その発想こそが大問題なのだ。

 

その発想の人は、先人たちの埃被った価値観に洗脳されてしまっているというほかない。親の教育なのか学校での教育なのか社会に出てからの教育なのかは人それぞれだろうが、どこかの過程で洗脳されてしまっている可愛そうな人だ。

 

辛い仕事を無理してやる必要なんてない。そもそも「仕事とは何のためにやっているのか」と言う話で、これはどんな人だろうと「生きるため」であるはずだ。もっと具体的に言えば「生活に必需な資金獲得のため」である。それ以上でもいかでもない。

 

まずは「生活するためのお金を稼げなければ意味がない」のである。つまり「やりがい」だ「生きがい」だなんてのは二の次でいいはずなのだ。なので、究極的には「組織に対する忠誠心」なんて物自体なくても成立するはずなのである。従業員は会社に労働力を売っているに過ぎない。

 

故に、精神を病んで体も壊して、それでも無理をして仕事を続ける意味なんてものは皆無だ。理不尽なパワハラやくだらない人間関係などと言った、仕事とは関係ない部分でのストレスなどというものを抱える必要はない。こんなもの、人の借金を巻き込まれて背負わされているようなものだ。そんなものは積極的に捨てていくべきだ。

 

だから、逃げることは恥なのでは決してない。ぼくは、逃げることは「リスクヘッジ」もしくは「負荷分散」だと思っている。

 

と、ここまで書いて、以前にも似たようなこと書いたよなあと思っていたら、やはり内容的にほぼほぼ全く同じことを書いていたので、今回は個々でやめておくことにする。

 

※関連過去ログ

 隷属する「忍耐力」なんて不要。「逃げる勇気」と知恵を持て。

 

 

 

【コンビニ:手巻き寿司】海の幸恵方巻き@セブンイレブン

海の幸恵方巻き - セブンイレブン@¥598

 


 

旨かった。しかし高い。

 

いや、びっくりした。このカテゴリは基本、外食かカップ麺中心なんで、これを買ったときは別にここに書くつもりもなかったんだけども、でも書かずにはいられなかった。

 

 

有名人の訃報について思うこと。

 

割と最近、津川雅彦さんや、ちょっと前に歌丸師匠が亡くなったじゃないですか。

 

で、思うんですけど、よくコメンテーターとかが「まだお若いのに…」みたいなこと言うじゃないですか。いやちょっと待てって話ですよ。キムタク風に言うなら「ちょ、まれよ!」ですよ。だって、よーく冷静に考えてくださいよ。

 

決して、若くはねえだろ。

 

って話じゃないですか。だって、ねえ?津川さんは78歳、歌丸師匠は81歳でお亡くなりになってるわけですよ。一般的に78歳や81歳なんてお年寄りじゃないですか。そのお年より捕まえて「まだお若いのに…」じゃねーよって話じゃないですか。

 

や、もちろんそれがリスペクトとか、名残惜しさからくる気遣いのコメントである旨くらいはぼくにだって理解できるんです。でもね、「言ってる人が亡くなった人の一回りも二回りも年下」ってのはやはり、どうひいき目に見ても違和感しか無いわけで「お前が言うな感」がもうすごいじゃないですか。

 

今回の場合、津川さんは病気による急死っぽいからまだいいとして、そもそも急死とか事故死でもなく、天寿を全うしたり、闘病生活の長かった人に対して申し上げるお悔やみとして、適当な言葉ではないと思う。

 

なので、このセリフは「亡くなった人より年上な人」が言うか、「本当に若くして亡くなった人」に対して向けるべき言葉だと思う。それか「実際の年齢よりもお若く見えていたので、びっくりです」くらいの言い方のほうが、よほどしっくり来る。

 

あと、TVとかで「ご冥福をお祈りします」っていうのがテンプレ化するのはまだいいんだけど、SNSでこの言葉を書いてるやつの大半は、この言葉の意味を理解できてないんじゃないかな。ぼくも今回、これを角にあたって調べてみるまで意味は知らなかったし。

 

言うならせめてちゃんと意味を調べてから言うか、最初から何も言わんほうがいいと思うけどね。

 

 

【×年前の今日】GLAY - Yes,Summerdays(6th SINGLE)

 

GLAY - Yes,Summerdays(6th SINGLE)

1995/08/09リリース

 


 

23年前の今日リリース。

 

この曲は、ぼくが好きなGLAYの数少ないアルバム「BEAT out!」に収録されている先行シングル。初めて聞いたときは別になんとも思わなかったけど、アルバムの流れで聞いたのと、カラオケで歌っているうちに好きになった曲。

 

そう、この曲をカラオケで歌ったことのある人ならわかると思うけど、とにかく「ヴォーカリスト泣かせ」という意味で大変なのである。

 

おそらくバイオリンとかのピチカートによる、切なさの漂うアルペジオによるイントロを経て、バスドラの4つ打ち+ハイハット、ベース、ギターによる8部刻みを土台に幕を開けるAメロは、いわゆるV系ビートロックの王道パターンとも言えるアプローチで、この部分については、割と低音で落ち着いたところではある。

 

だが、そこからのBメロを挟んでサビに入った途端、地獄を見ることになる。

 

と言うのも、サビはキーが高い上に、ブレス(息継ぎ)するポイントが少ないため、高いキーを出すことを意識しすぎるとブレスできなくて崩れるし、ブレスのタイミングにビビっていると、高いキーがちゃんと出せずフラットになったり、そもそものリズムキープ自体も覚束なくなるので鬼門なのである。

 

なので、背筋を伸ばしてちゃんとお腹から声を出さないとかっこよく歌えない、結構難易度の高い曲なのである。これは、間違いなく上手い人じゃないと歌いこなせない。

 

当時これをかっこよく歌いたくて、カラオケ行く度に歌ってた事があるのを思い出した。しつこく歌ってると、結構歌えるようになるもんですね。

 

最近、カラオケ行ってないなあ。

 

 

【コンビニ:まぜそば】極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば

 

明星 極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば107g×12個
明星食品 (2018-07-23)
売り上げランキング: 33,250

 

・ローソンで購入

 


 

旨かった。だが普通だ。

 

パッケージの感じからして結構辛そうに見えるが実際はほんのピリ辛程度といったところ。なので辛いのが苦手な人でも食べれなくはない。一応チャルメラブランドなので、チャルメラ特有のごま油感だったり、ラー油感がやはり強めな印象。

 

「豚骨まぜそば」ということで、麺は当然のことながら「細麺ストレート」。バリカタ前提だからそもそものコシが強いというのもあるんだろうけど、やはり個人的にバリカタってあまり好きじゃない。

 

あと、「豚骨まぜそば」というと個人的にはどうしても「セブンイレブン限定の一風堂豚骨まぜそば」がちらついてしまって、当然のことながらあれには遠く及ばない。

 

※関連過去ログ

 【コンビニ:まぜそば】日清食品 一風堂 とんこつまぜそば(2回目)

 

まあ、あれに勝る豚骨まぜそばが、この世にカップで存在などするはずもないのだから、比較すること自体失礼なのは百も承知なんだけども。

 

トータル、正直印象は薄いので、リピートはないかな。冒頭にも書いたように、まずくはないし旨いんだけど、普通でしか無い。劇的に旨いと言うほどではない。

 

 

【コンビニ:焼きそば】UFO濃い濃いたらこ

 

日清 焼そばU.F.O.濃い濃いたらこ 103g×12個
日清食品 (2018-07-30)
売り上げランキング: 7,534

 

・ファミマで購入

 


 

旨かった。が、これは焼きそばではなく、完全に「たらこパスタ」だった。

 

UFOなので当然のことながら、麺はいつもの「中太ストレート(だったと思う)」ということもあり、もう完全に「焼きそば感」は皆無と言ってもよかった。

 

強いて言えば、パスタのようなデュラムセモリナの麺ではないので、いわゆるアルデンテ的なつるつる・しこしこじゃないんだけど、でも渋谷の壁の穴で食べたたらこパスタも正にそんな感じでパサパサしている感じだったので、ぼくは非常に好みの食感。パサパサだけどもちもちしてて、たらこがよく絡んでいて旨い。

 

※関連過去ログ

 【パスタ】壁の穴@渋谷

 

「濃い濃い」言っているだけあって、たらこの味は結構濃いと思う。だが、先述のようにパサパサしており、オイリーさはなく、量は並なので、カロリーも確か400kcal前後なので、ランチで食べてももたれない。

 

OLならちょうどよく、男ならコンビニのホットスナックやおにぎりと合わせてもいいかもしれない。これは普通に旨いので、もうあと何回かは食べたい。

 

 

 

 

【×年前の今日】FANATIC◇CRISIS - SUPER SOUL(メジャーデビューSINGLE)

FANATIC◇CRISIS - SUPER SOUL

1998/08/06リリース

※画像はメジャー1st ALBUM「ONE」より

 


 

20年前の今日リリース。

 

このブログではまだ彼らの名前を出したことはないと思うけど、いわゆる90年代後半から00年代前半までの「第三次バンドブーム中の、第二次ヴィジュアル系ブーム」真っ只中のバンド。以前取り上げた「D-SHADE」らと同じ時代のバンド。

 

※関連過去ログ

 【×年前の今日】D-SHADE - ENDLESS LOVE(3rd SINGLE)

 

ちょうどこの頃自分もバンドをやっていたこともあって、リアルタイムで聞いていて、結構影響を受けたりもした。特にヴォーカルの石月努は同年代ということもあり、彼の作る曲だとかマインドというものに着目していた。

 

第二次ヴィジュアル系ブームの火付け役的番組である、テレビ朝日の「Break Out」経由で彼らを知り、上記画像のメジャーデビューアルバムの他、このメジャーデビューシングル、その次の「SLEEPER」、「RAINY MERRY GO ROUND」、「火の鳥」あたりまではよく聞いてた。

 

名古屋出身のヴィジュアル系バンドとしては珍しいタイプではあるが、とは言えこの時代のヴィジュアル系は、所謂「コテコテ系」は寧ろ少なく、音楽的にもファッション的にも、「近未来的なPOPさ」という印象が強かった。(FAKE STARの頃の黒夢のヴィジュアルイメージに非常に近いものを感じる)

 

なので、ブームの中にいたバンドではあるが、当時ヴィジュアル系四天王だなんて呼ばれていただけあってか、割と「ちゃんと音楽をやっていた」という印象が強かった。

 

この曲についても、スピード感のある「新しいビートロック」と言う解釈をぼくはしていて、この曲が逆に、彼らの多様な音楽性を示唆しているようにも思える。

 

実際、ヴォーカルの石月努は「××らしいって言われるのがすごく嫌」という旨の発言をしており、1つの方向性にカテゴライズされることを極端に嫌っているようだった。

 

確かにそうしたマインドは、彼らの楽曲の1つ1つに確実に現れてはいたが、とは言え「××らしさ」というものを否定するのは、ぼくは間違っているんじゃないかと、当時から思っていた。

 

何故ならば「らしさ」とは「アイデンティティ」であって、それは「固定化されるイメージ」とは別に、核とか軸として持っておくべきものだと思っていたからだ。

 

何れにせよ、「××っぽい」というものを殆ど感じさせないオリジナリティを持っていたのは事実で、そうしたバンドがブームの終焉とともに忘れ去られてしまったのは、なんとも残念ではある。

 

出てくる時代が異なっていれば、もう少し売れていたバンドだったのかな、とは少し思う。

 

 

【カレー】TEA ROOM APOLLO@八重洲地下街

TEA ROOM APOLLO@八重洲地下街

 

●オーダーしたもの

・オムカレー(ランチセット)@¥1000

 ⇒サラダ+ソフトドリンク(アイスコーヒー)

 


 

旨かった。

 

八重洲地下街はこれで二度目となるのだけど、前回来た時から「エリックカレー」が非常に気になっていたので、今度こそはと思ったものの、時間帯的にそこまでお腹が空いてなかったのと、例によって激混みだったため、ひとまず地下街をぐるっと回ってお腹を空かせながら、様子見することに。

 

マップを参照していたら、他にもカレー屋さんがもう一軒あったので、そっちを見てみようと思ったら、なんか普通のジャパニーズカレー(C&Cカレーをもっとしょぼくしたような感じ)だったため、却下。

 

エリックに戻ろうかなどうしよっかなーと思っていたら、喫茶店にて店頭の食品サンプルと共に「オムカレー」の文字が!

 

たまご好きでもありカレー好きでもある側からして見たら、これは見過ごせない。そもそもオムライスとカレーが一緒になっているものを出すお店というものに出会ったのは初めてだったし、チェーン店でもなさそうだったため、ここでしかたべられないような気がした。


正直、その昭和感満載な喫茶店という佇まいから地雷臭も漂ってはいたが、意を決してGO!

 

【×年前の今日】放課後ティータイム - 「Utauyo!!MIRACLE」&「NO,Thank You!」

 

放課後ティータイム

・Utauyo!!MIRACLE

・NO,Thank You!

2010/08/04 リリース

 

 

8年前の今日リリース。

 

このシリーズは大体20年以上前のものを扱うことが多いのだけど、別に意図してそうしているわけではなく、前回の今井美樹の「BLUEBIRD」の時にも書いたけど、ネタ元がネタ元なので、仕方なくそうなっていた。

 

※関連過去ログ

 【×年前の今日】今井美樹 - Bluebird(9th SINGLE)

 

なのでそういう意味でも、おそらく今までの中でも最も最近のものになるわけだけど、それでも、この曲が8年前っていうのは、個人的には「もう8年も経ったのか!」という驚きが勝る。

 

「Utauyo!!MIRACLE」は確か、けいおん第2期2クール目のOPなんだけど、基本、けいおんのOPって1期の頃から騒がしい感じというか、わちゃわちゃした感じの忙しない歌メロが特徴。

 

そういう意味では、この曲も、この前の「GO! Go! MANIAC」も、一番最初の「Cagayake! GIRLS」を超えてはいないかなという印象。言っちゃば「奇をてらいすぎている感」とでも言おうか。とは言え、前作よりかは歌メロが幾分かはキレイに纏まった感はある。

 

「NO,Thank You!」の方も、同じく2期で、こっちはED。けいおんのEDはOPとは対象的に、マイナー調のシリアス路線な8ビート局であることが特徴。ヴォーカルは、OPだと唯ちゃん役の「豊崎愛生」が歌っていて、EDの方は澪役の「日笠陽子」が歌うというのも、恒例化している。

 

で、ぼくがなんでこの曲を取り上げたかと言うと、まあ、普通にけいおんを毎週見ていたってのもあるにはあるんだけど、ぼくはこのけいおんブーム真っ只中のこの当時、とらのあな池袋店でバイトをしていたことがあったからだ。

 

後々「バイトの話」カテゴリでも書く予定ではあるけど、当時の池袋店は今みたいに2つに分かれてはいなくて、1つのビルの5フロアまるまるとらのあなという状態。ぼくは最初2Fの商業誌フロアに配属されていたので、まさにこのけいおん人気を、嫌というほど思い知らされたのを覚えている。

 

なので、けいおんの絵柄を見たり曲をきいたりすると、否が応でも当時のバイトの記憶がよみがえる。今はどうか知らないけど、当時なんと驚くべきことに、池袋でありながら「時給¥850」とクソ安い時給でこき使われていたんだけど、それでも、仕事はすごく楽しかったのを覚えている。

 

みんな元気かなあ。FBで何人か繋がって入るけど、みんなログインすらしてない様子。

 

 

初期のB'zを久々に聞いてみた。

【PV】B'z『HOT FASHION -流行過多-』【FILM RISKY】

 

懐かしい。

 

このブログでは主に、国内の音楽だと、80年台後半からの第二次バンドブーム関連や、その頃のビートロック系のバンドやV系なんかを中心に扱ってきていて、J-POPど真ん中な感じのものは扱っていないんだけど、でも実はこの時代のB'zって結構好きだったりする。

 

この時代のB'zというのは、厳密に言うと、ギターの松本孝弘がYAMAHAのギターを使用していた頃で、レスポールを持ち始めて完全にロック志向になってからは全く興味がなくなった。

 

話を戻してこの頃のB'zなんだけど、ぼくが初期のB'zを好きだった理由としては「TM NETWORKっぽかったから」というのがあって、実際ギターの松本さんはその昔、TM NETWORKのサポートギタリストだったこともあり、初期のB'zのサウンドメイキングにおいて、小室哲哉の影響を強く受けている旨の発言もしている。

 

そんな中、この曲が収録されている彼らの4th ALBUM「RISKY」は、アラフォー・アラフィフ世代にとっては名盤と言われていて、90年代前半特有のミドルスクール感を彷彿とさせる「タイトなビートによるダンサブルなサウンドに、ディストーションの力強いギター」は、後のビーイング系の道標として大きな影響を与えているのが特徴。

 

でも実は僕がB'zで一番好きなのは「WICKED BEAT」というミニアルバムで、このアルバムは、これまでのB'zのシングルのうち何曲かを、全て英詞に変えリミックスしたアルバムで、高校生くらいの頃に死ぬほど聞きまくって、当時英語の意味なんかも全然わからないのに、そらで歌えるレベルにはなっていた。

 

思えばこのアルバムがキッカケで、英語の曲を歌うコツみたいなものを掴んだ気がする。

 

 

続きを読む >>
 

スポンサードリンク

 1/97PAGES >>