ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

  • 【お題】夏休み!この夏の予定は?
    ゆう (08/03)
  • 【お題】夏休み!この夏の予定は?
    robin (08/02)
  • 「フェス」も「世代括り」も、どっちも嫌い
    ゆう (07/28)
  • 「フェス」も「世代括り」も、どっちも嫌い
    robin (07/28)
  • JUSTY-NASTY - あすも夢を
    ゆう (07/14)
  • JUSTY-NASTY - あすも夢を
    デビル (07/14)
  • GmailをLINE「に」転送って出来ないものだろうか
    ゆう (07/14)
  • GmailをLINE「に」転送って出来ないものだろうか
    moriken (07/13)
  • GmailをLINE「に」転送って出来ないものだろうか
    moriken (07/13)
  • GmailをLINE「に」転送って出来ないものだろうか
    ゆう (07/07)

LINKS

【お題】お気に入りの服、いつも着てる服、どんなん?

0

    ■お題:お気に入りの服、いつも着てる服、どんなん?
     

     

    ヒートテック的なクルーネックの長袖ロンT。

     

    とは言え、もう何年も着まわしているせいで伸縮性はなくなり、ダルダルになってしまって、ヒートテック感ゼロですけどね。全く暖かさを感じない。それどころかこの下に普通にタンクトップをインナーしてる状態。でも今くらいの気温(関東)ならば、これと冬物のアウターで十分だったりもする。

     

    アウター

     

    てゆーか、もういよいよ本格的に「冬」って感じの気温になりましたねえ。冬物アウターは何着か持っていて、ダウンジャケットだけでも「赤・青・黒・カーキ」と4色も持ってて、それとは別にモッズコート的なやつも持っているのだけど、結局外に出る時に着るやつって「赤ダウン」か「モッズ」の2択であることが殆ど。

     

    ボトム

     

    ボトムに関しては、1年以上前にAvailで購入した「デニムのギャザーパンツ」が最高には着心地が良くて、股擦れで穴が空いたものを無理矢理修正しながらも使用している。

     

    こんなには着心地が良くて見た目もかっこいいののに「¥2980」とかだったので、できれば、新しいやつをもう2本くらい購入したいのだけど、もう売ってない。色違いをもう1本所有してはいるけど、もう2本くらいバックアップとして購入しておくべきだった。

     

    毎日同じ服を着る人

     

    ぼくの友人に、スティーブ・ジョブズの影響なのか知らんけど、毎日同じ黒シャツを着てくるやつがいて、同じシャツを10枚所有していると言っていた。

     

    割と最近「3年間毎日同じ服を着て出勤している」というアメリカ人女性に関する記事を見て、「一緒だ」と思った。毎日同じ服を着る理由が、彼も彼女も全く同じだった。多分ジョブズも同じだと思う。兎に角「毎日服を選ぶのに費やしている時間と労力がもったいない」ということだった。

     

    確かにわかる。けど、ぼくはそれでも「毎日同じ」ってのは流石に嫌かなあ。「今日は何着ていこうかしら」って選んでいる時間、確かにもったいないけど楽しくないですか?1人ファッションショーってやつ。

     

    確かにこーゆー日常の「割と優先順位的に低いところにあるもの」に対して割く時間は、確かに極力減らしたほうがいいとは思う。実際、人は一日に大小様々な「選択」を200回以上は頭のなかでおこなっているらしいので、脳が疲れてやる気が出なくなるのを防止するために、こうした作業を簡略化するのはいいことだとも思うし。

     

    けど、これによって、ファッションセンスが錆びついてしまうような気がして、それは嫌なんだよねえ。そうやって「マインドや感性までもがおっさん化していく」っていうのが怖い。

     

    なので、ぼくはいくつになっても、好きな服を迷いながらも選んできていきたいと思っている。

     

     

    ※画像引用元: http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/172755-69


    【お題】最近の「いい買い物」 or 「買いたい物」教えて!

    0

      ■お題:最近の「いい買い物」 or 「買いたい物」教えて!
       

       

      ここ最近は、Amazonでの買い物も、AvailやGUでの衣料品も、自分的に「当たり」と呼べるようないいものを多く買えている気がする。

       

      例えば、Availで購入したベルト付きのストレッチ系のパンツもすごく良かったし、過去ログにて紹介したことのあるGUのベルテッドスニーカーも非常に良かった。Amazonでは主にほんの購入がメインだったけど、割とここ最近の「物理的に大きい買い物」の手段として活用させてもらっているので、「何が」ってわけではないけど、いい買い物ができている。

       

      ただ、ぼくは自覚もしていることではあるんだけど、間違いなく「買い物でストレス発散しちゃうタイプのひと」もっと言っちゃえば「買い物依存症予備軍」なので、Amazonはキチンと考えて利用しないと非常に危険だったりもする。ついつい要らん物も買ってしまいまそうで。

       

      とは言え、ぼくはクレジットカードが「信用ブラック」で、現状デビットカード歯科利用できない状況なので、所謂「使いすぎてパンクする」ということは無いから大丈夫は大丈夫なんだろうけど。

       

      あと、Amazonが便利すぎるのでつい忘れがちになっちゃうんだけど、ものによってはAmazon以外のところで探したほうがヤスイなんてことは全然ある。と言うよりむしろリーズナブルさ優先で言ったら、楽天とかのほうが安い物が多い気がする。少なくとも、PC関連商品を始めとするハードウェア系は、むしろAmazonだと割高。

       

      先日紹介した「Scanmarker」も、直営店(アメリカ)で購入すれば「$99」だが、日本のAmazonで購入すると確か「¥24000」くらいしたと思う。いくらなんでも倍はないだろうって話。

       

      しかも、日本語にも一応対応してるってことでこれめっちゃ欲しいけど、果たして「縦書き」を横書きに変換してくれるのか、という点が非常に不安なのと、レビューが1件もついてないので、正直二の足を踏んでしまっている。

       

      でも、来月思い切って買おうかなあ。

       

       

      ※画像引用元: http://hobby23.net/archives/amazon-affiliate/

       


      「基準点」を言い訳にするなら「投票制」にすればよくない?

      0

        ■『M-1グランプリ』決勝進出コンビ9組が決定 ジャルジャル、かまいたち、カミナリら■
        2017-11-15 23:46 - ORICON NEWS

        漫才日本一を決める『M-1グランプリ2017』決勝進出者9組が15日発表され、お笑いコンビ・ジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーすに決まった。 

        出場資格は2002年1月1日以降に結成したコンビ。プロ・アマは問わない。準決勝には10月にKOCを制して勢いに乗るかまいたちのほか、ラストチャンスとなる南海キャンディーズらが進出した。決勝は、お笑い芸人の今田耕司と女優の上戸彩が6大会連続で務め、12月3日にABC・テレビ朝日系で生放送(後6:57〜9:54)。 

        今回から新ルール「笑神籤(えみくじ)」が導入されることが発表。例年であれば、敗者復活組が最後にネタを披露する仕組みになっていたが、今年から生放送の最初に敗者復活組を発表。10組がそろった状態で、MCがくじを引き、当たったコンビがその場ですぐにネタを披露するという緊張感あふれる内容となる。

        ※続きはリンク先で※

         



        前々からずっと気になってたんだけど、審査員がトップバッターに対していう「基準点」という言い方とか考え方がすげえ気に食わない。

        そんなに基準点が必要なら、ひとまず各ネタごとに点数付けて全組ネタ披露が終わった後でもっかい点を付け直すか、「最終的に誰が一番だと思ったか」という投票式にするのが、なんだかんだ一番公平な気がする。

        2回目の採点の際には、その場で誰が何点付けたのか見えないようにして、最後に付け直した上での点数を加算して発表するとかのほうが、番組的にも盛り上がるし、少なくとも「先発不利」のハンデは解消されるのではないかと思うが、どうだろう。あと、単純に敗者復活は要らないと思う。

        何れにしてもなんかM-1って、ルール変更とか採点方式とかちょくちょく変わりすぎてて、その中から都度都度生じる問題点ってやつが、結局「お笑いを採点することの難しさ」というものをいちいち証明しているだけにしかなってないのが、見ててすごく歯がゆい。もちろんKOCにも同じことが言えるのだけども。

        というか、そもそもの話、結局のところ「採点基準」と言うもの自体が、フィギュアスケートなどのように、1つの技に対して技術点的なものを加算 / 減点していくというものでもなく、単純に「審査員がどう見たか」であるとか、もっと言えば「好み」というものに委ねられているのが現状じゃないですか。

        であるなら尚の事、ネタ見せの順番さえもが採点基準を狂わせてしまうのなら、それに左右されない判断基準として、「全部見た上で誰が一番面白かっただろうか」を決めるのが、一番説得力のある順位付けであり、答えじゃないだろうかと思う。

        正解のないお笑いに対して敢えて順位や勝敗をつけるのならば、シンプルに「その時その会場で一番面白かったコンビ」に対して、栄誉ある称号を与えるべきだと、ぼくは考える。


        近年のモンスタークレーマー増加の原因は全て「サービス提供側がすぐに謝りすぎ」ってこと以外の何物でもない。

        0

          ■「接客対応者を悪質クレームから守って」流通労組が厚労省に要請 「ネットで誹謗中傷された」という従業員も■
          2017.11.16 - キャリコネニュース

          流通サービス業などが加盟する産業別労働組合のUAゼンセンは11月16日、厚生労働大臣に対し、顧客の悪質クレームから労働者を守る措置を国として講じるよう、要請書を提出した。

          UAゼンセンは今年6月から7月半ばにかけて、販売やレジ、クレーム対応などの接客業務に従事する組合員を対象に、悪質クレームの実態調査を初めて実施。5万878件の回答のうち73.9%が、業務中に客からの迷惑行為に遭遇したことがあると答えていた。今回の要請書提出は、この調査結果を受けてのもの。

          ※続きはリンク先で※

           



          この手のニュースのたびに言ってるようでくどいようだけど、近年のモンスタークレーマー増加の原因は全て「サービス提供側がすぐに謝りすぎ」ってこと以外の何物でもない。と断言していいと思う。

          サービス提供側に「客には絶対逆らってはいけない」という誤った先入観があり、その根幹には紛れもなく「お客様は神様です」という、大昔の流行語から来るマインドが「誤った解釈のまま」脈々と受け継がれてしまっており、結果「サービス」と言うものの本質を見失わせてしまっていて、そのせいで客もどんどん調子に乗ってく、という悪しきループにあるのが現状でしょう。

          まして今はすぐにSNSで拡散されてしまうから、常に「晒される側」であるサービス提供者はそれを恐れて、即時謝罪してしまう。違う違う違う!それじゃダメなんだよ!

          結局のところすぐ謝罪しちゃうのって思考停止しているのと一緒。「とりあえず謝っておけ」っていうマインドでポーズだけの謝罪をしているだけでしか無い。けど当然のことながらそんな謝罪に意味なんて無いよね?なら無駄な謝罪なんかしないで極端な話「戦えば」よくない?

          どう考えても客の言い分が理不尽だとか、業務に支障をきたすレベルでしつこく噛み付いてくるのであれば、場合によっては喧嘩になろうがそれは仕方のないことでしょう。人間同士が関わり合う業態なんだから、寧ろ何も起きないほうが不自然ってなもんだ。

          だから「非があれば謝る。そうでないなら謝らない」ただそれれだけのことでいいはずなんだよ本来は。

          謝罪を通じて一通りの誠意を見せたのであれば、その後にもグダグダ言ってくる輩やストーカー気質の奴に対しては、それ以上の対応をする必要なんて無い。それこそ業務に支障をきたしているのならば、土下座なんてする前に警察を呼ぶべきだ。

          この手のニュースのたびに毎度言ってることだけど、「お客様は神様です」ってのは、人として当たり前のモラルを持った上で健全に利用してくれている人(客にとっても、金額という対価と引き換えに価値を享受できている人)は、お店にとって非常にありがたいから、神様のように「有り難い」ってだけ。

          つまり、両者は「WIN-WIN」の関係性であり「対等な立場」なわけだ。別に「えらい」わけじゃねーよ。客は親や上司ではないからね。

          クレーム客の「客に飯食わせてもらってる」的言い分が実はものすごく的外れということに、結構多くの人が気付いてない気がする。何故ならば、客には「店を選ぶ権利」が最初からあるのだから。

          客がその店を選んで、その商品やサービスに対して金を払っているのは、それに見合うだけの価値があると客自身が判断した上で、最終的にお金を払っているに過ぎない。つまり、言っちゃえばすべて「てめーの勝手」って話。サービス提供側は、お願いして買ってもらっているわけではない。

          店のやり方やルールや接客態度が気に食わないなら、利用しなければいいだけの話。非があるのなら批判すればいいと思うよ。けど、批判することと従業員を恫喝することは同義ではないよね。

          店員を詰めたところで何の根本解決にならないって事がわからないのは、ただのバカ。怒りを発散させたいだけのヒステリックな子供と一緒。なら捨て台詞だけ吐いて、もう二度と行くなって話。全てはそれで終了だ。

          サービス提供側は、自分たちのサービスに自信があるのなら、常に堂々としていればいいし、阿る必要もない。本当にサービスの質が悪ければ競争原理に負けて淘汰されるんだし、競合がいなければ多少粗悪なサービスでも売上は立つだろうし。

          ということはつまり、これも何度も書いてきているけど、「サービス提供側も、客を選んでいくべき」なのである。一般常識も理解できないようなバカな客を、客と認める必要などない。
           


          【お題】得意な家事、苦手な家事ありますか?

          0

            ■お題:得意な家事、苦手な家事ありますか?

             

             

            家事全て苦手。

             

            とは言え、やりだすと所謂「作業興奮」と呼ばれる状態に入って、結構頑張れるし、なんだかんだ楽しいと思いながら作業できる。最初の1個目の作業を始めるまでが死ぬほど面倒くさいんだよねー。

             

            最近Amazonでメタルシェルフを購入したり、ハンガーラックを購入したりしたので、一切仕事のない2連休が久々だったこともあり、片付けながらセッティングするぞ!って思ってたんだけど、ここに来て「SUZURI」にハマってしまってさあ大変ってなもんですよ。

             

            とある事情から「Photoscape」という画像編集ソフトを使い始めたんだけど、コレが非常に簡単で使いやすいもんだから、画像作るのが楽しくなってきちゃって、久々に夜中3時近くまで夜更かしして、休みの日もずっとその作業をしてて、片付けもセッティングも一切やってないという状態。

             

            話が逸れた。

             

            もう11月も半ばを過ぎて、そうこうしているうちにあっという間に12月を迎えるんだろうから、今のうちから年末に向けて片付けを始めようっと。

             

             

            ※画像引用元: http://xn--cckzab4b5acsd6c30a.com/kajidaiko/index.html

             


            【今日のBGM:043】Samurai☯ Trap & Bass Japanese Type Beat ☯ Lofi HipHop Mix

            0
              ■Samurai☯ Trap & Bass Japanese Type Beat ☯ Lofi HipHop Mix■


              なにこれ超ヤバイ。クソカッコいい!と、思わず爆笑した。
              それくらいかっこいいABSTRACT HIPHOP。

              タイトルとサムネからもわかるように、和のフレーバーによるHIPHOPってことで、和楽器がふんだんに盛り込まれているんだけど、過去にこのカテゴリで取り上げた「DJ KRUSH」の1stも、かなり和のテイストを盛り込んでいたものの、あっちはあくまでスパイスというか香り付け程度に加えていたくらいのもんだったのに対し、こっちは寧ろ和メイン。

              ※関連過去ログ: 【今日のBGM:027】DJ Krush - Krush [Full Album]

              しかもそのアレンジの仕方とかがいちいちカッコいい。今風な要素もしっかり入りつつ、基本ダウナーなだるいビートに丁度いバランスでmixされている。

              くすんだ和紙に、薄い墨汁でお経を連連と書き連ねているような乾いた空気感をひっそりと感じることができる。コレは逆に日本人からは出てきにくい発想だとも思ったら、案の定、トラックは全て海外のクリエイターの手によるものっぽい。

              やー、もうホントかっこいい。


               

              【お題】好きな「鍋料理」なに?

              0

                ■お題:好きな「鍋料理」なに?
                 

                 

                すき焼き。理由は、ぼくが好きなものしか入ってないから。

                 

                牛肉もさることながら、長ネギ・しらたき・えのきと、ぼくの好きなものばかりをグツグツ煮込んで、剰えそれをたまごで食べよってんだから美味しくないわけがない。美味しさ以外のものがない。

                 

                何というか、そのオールマイティーかつ最強なラインナップが、より一層家族団らん感を強く出してることもあり、すき焼きとは言うなれば、鍋料理における幸せの象徴的存在とも言えるのではないだろうか。

                 

                嗚呼、ぼくとしたことがこんな時間(23時台)にこんなブログを書くんじゃなかった。すげえ腹減ってきた。セルフ飯テロ。

                 

                 

                ※画像引用元: http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00002478/index.html


                【お題】好きな「豆腐料理」なに?

                0

                  ■お題:好きな「豆腐料理」なに?

                   

                   

                  麻婆豆腐。

                   

                  うちの会社のカレーマニアの上司が「麻婆豆腐はカレーである」という話をしてて、最初「はい?」って思ったけど、理由を聞いてすごく納得した。と言うのも、日本食としてのカレーの定義として下記のものがある。

                   

                   ・スパイスが効いている汁状のもの。

                   ・おかず的な具が入っているもの。

                   ・それでいてご飯に合うもの

                   

                  他にも色々あった気がするけど概ねこんな感じで、麻婆豆腐はこれらすべての条件を満たしているという意味で「麻婆豆腐はカレーである」と定義できるというのだ。なるほどね。

                   

                  したがって、「麻婆豆腐は中華式カレー」である。ということでいいでしょう。

                  カレー大好き!中華式カレーも大好き!

                   

                  とは言え、豆腐料理は割と何でも好きで、揚げ出し豆腐とかもいいし、豆腐ハンバーグなんてヘルシーなのにちゃんと満腹感も得られてなおかつ美味しいっていう。

                   

                  あと、シンプルに冷奴も好き。まあ、流石に今の季節に食べたいとは思わないけど。けど、一時期コイツのおかげでだいぶ痩せられた。豆腐って何気に結構満腹感が得られるから、減量用のフードとしては非常に向いているし、実際ライザップでも、豆腐は推奨しているみたいですね。

                   

                  ということで、そろそろ豆腐を食べる生活に戻ろう。最近また太ってきた。

                   


                   


                  DREAM THEATER - Train of Thought

                  0

                    ■Dream Theater - Train of Thought (Full Album)


                    14年前の今日、リリースされた7thアルバム。

                    7枚目のアルバムなので7曲入り。前作は6曲。次作は8曲。

                    数あるDREAM THEATERのアルバムの中でも、ここ最近はコイツの個人的再生回数が圧倒的に多い気がする。

                    1曲目の「As I am」の基本ビートが、DREAM THEATERにしては珍しい「真っ直ぐストレートな8ビート」ってのが当時すげえ新鮮で逆にカッコイイと思った。

                    とは言え、一撃一撃鉄槌を下すかのような、あるいは巨人が進撃してくるかのような、大地を揺さぶるが如き怒りにも似た、重みのある8ビートで、ともすればこれまでのDREAM THEATERの楽曲の中でも、最も攻撃的とも言えるOPナンバーかもしれない。

                    勿論、当然のことながら、合間合間にちょいちょい入る変拍子はお家芸として健在な訳で、そういうところでの安心感みたいなものもある。

                    後はやっぱ、言わずもがなの「Honar Thy Father」ですよねー。

                    イントロどアタマのフィルとか、あまりにも超絶テク過ぎて逆に「こいつバカじゃねえの」って思ったわ。10分以上ある長い曲なのに、全然長さを感じない。

                      
                     


                    人手不足に悩んでいるカウンセリング系業務は、インターネットを使ったマネタイズと相談件数を減らす工夫が必要だと思う

                    0

                      ■いのちの電話 「この叫び聞いて」相談内容は深刻化■
                      毎日新聞 - 2017年11月11日 20時37分(最終更新 11月11日 22時39分)

                      自殺予防のために悩みを聞く全国の「いのちの電話」に相談が殺到し、対応が追いつかない状況が続いている。神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件では、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で自殺願望を漏らした女性たちが巻き込まれた。追い詰められた人々のケアの現状はどうなっているのか。【和田浩幸】

                      「以前自殺未遂をしたが、やっぱり死ぬしかない」「衝動的に線路に飛び込んだ」。昨年、全国最多の約2万8000件の相談を受けた「埼玉いのちの電話」には毎日、悲痛な声が届いている。電話5台、24時間態勢でボランティア約300人が相談に当たる。内藤武事務局長は「内容が深刻になり、1件当たりの相談時間が長くなった」と語る。

                      ※続きはリンク先で※

                       



                      この手のボランティアによるヒューマンリソースの運用と確保ってのが一番難しそう。

                      ボランティアってことは、保育士みたいに国家資格が必要ってわけではないんでしょう?けれど、カウンセラーとしてのスキルは必要なんだろうなってのは、素人目に見てもわかる。

                       

                      しかしだからといって常に一定数の人員を一つの場所に固定しなければならないほどのヒューマンリソースが必要か、というとそれも疑問。

                      となるとやはりこの手の職種ほどオンライン化して、Skypeのようなツールで「遠隔だけど対面」って状況を作り出さないと。顔を見せたくなければ単に通話だけでもいいのだし。人と人が同じ場所に相まみえるっていう事自体にコストが発生する時代になってきているのだから、こういった業種ほどIT化していかないと。

                      しかし、調べてみると、一応ネットの相談窓口はあるみたいだけど、新規の受付を締め切ってる状態。やはり需要に対応できるヒューマンリソースが圧倒的に足りてないんだ。

                      ならば相談員による直接対応以前に「コンテンツ」も提供すればいいんじゃないかな。それこそ過去の相談対応ケースを名前は伏せてそのまま掲載でもいいと思うし。それだけでも相談件数は減らせると思う。

                      そうやって相談件数を少しでも減らしていかないと、相談員の負荷が大きくなるし、リソースコストが無駄にかかってしまう。

                      また、この手の相談窓口は当然の如く「絶対無料」が条件なんだろうから、そうなると相談員さんたちの「謝礼」が一定数確保できないと、今後絶対数が増加するであろう問題に対して対応しきれなくなる。それこそ相談員さんたちが悲鳴あげて死にたくなるだろう。

                      だとするならば、非営利団体ではなく、もうこの際、営利目的でやってもいいのではないか。要は、相談者からお金を取らずにマネタイズできればいいわけで。なので、医療と同じような扱いにするのが一番いいような気もするけど、どうなんだろうか。国からもある程度補助がもらえて、相談所単位で独自にある程度回収もできるみたいな。

                      まあ、医療みたいに薬を処方はできないだろうから、Googleアドセンスみたいなクリック型の募金バナーを設置するとか。広告なんだけど、紹介料という名目で「報酬」として支払われるのではなく、あくまで「募金・寄付」がされるというような。

                      何れにせよこれからの時代、「インターネット」という特性をフルに活かしたマネタイズができないと、どんな業界も厳しいんじゃないかなと思う。
                       


                       1/70PAGES >>